地図

ホテルで優良サービスを受ける|駅や空港から近くて便利

三重の良さを再発見

温泉

三重県はあまり有名ではないのでよく知らない人も多いのではないでしょうか。三重県は日本の中心にあります。海も山もあるので登山やスキーもでき、伊勢海老や牡蠣やフグなどの高級魚が採れることから、御食つ国(みけつくに)とも呼ばれています。伊勢神宮や熊野古道などの名所があります。三重県は名所の中に温泉も代表的なものとしてあげることができます。一口に温泉といってもたくさんの種類があります。天然温泉は下から湧き出す水でたくさんの成分を含んでおり、温水が25度以上あれば天然温泉といえます。その反対が人工温泉にあたります。天然温泉は地熱で温まった水のことをいい、肩こりや腰痛に効く成分が元々つくられているものです。近代ではパソコンを使ったデスクワークが主流になっていて、そのために肩こりや腰痛に悩まされている人が多くいます。そんな時は三重県の温泉に浸かって疲れた体を癒やすといいでしょう。また、三重県は自然豊かで、観も昔の面影を残している所が多いので非日常の気分を味わえ心も体もリフレッシュすることができるでしょう。温泉の入浴は意外とエネルギーがいるので長旅の移動で疲れている時は、無理せず少し休んでからお湯に浸かるといいでしょう。空腹の時や食事の後やアルコールを摂取した後などは体調を悪くする恐れがあるためしばらく時間をあけてからの入浴がベストです。入浴を終えたら体にしみついた温泉成分を洗います。流してしまうと成分が流れてしまうので、軽く水分を拭き取りそのまま着替えるようにしましょう。